鼠駆除方法、殺鼠剤編

鼠は家に穴を開けたり、食品を食い荒らしたり、糞をまき散らし、雑菌やノミダニといった二次被害をももたらすため一度住みつかれると鼠駆除するまではなかなか安心できません。



鼠駆除には殺鼠剤の使用と粘着剤の使用があります。


どちらを選択するにしても併用するとより効果が上がりやすくなります。

日本経済新聞の情報サイトが便利です。

鼠は非常に警戒心が強い動物なのですが、殺鼠剤を食べた鼠が体調に異変をきたし、警戒心が薄れて粘着剤にかかりやすくなるということもあります。
上記のように警戒心が非常に強い動物ですので殺鼠剤を食べるまでに1週間以上かかる可能性もあります。

さらに貯食する性質もありますので、なかなか食べないと気をもむこともありますが、いずれ慣れて警戒心も弱くなりますので、気長に待つことが大切です。



鼠駆除はしっかりしたいが、死骸を見るのはちょっとという方には遅効性の殺鼠剤がお薦めです。
これは徐々に効きますので、仲間のネズミにも気づかれにくく警戒心を与えずに、仲間の鼠駆除にも効果があります。


これは、連続して継続的に食べさせる必要がありますので、殺鼠剤がなくなったら補充して、食べなくなるまで与え続けること大切です。
また、屋根裏で暴れている鼠は運動場として使っている可能性がありますので、台所や床下収納などの餌場と違い殺鼠剤を食べる事はないでしょう。
その際は、投げ込み式の殺鼠剤がお薦めです。
貯食する性質を利用して、持ち帰って食べることを想定したものです。