ネズミの駆除、殺鼠剤編

ネズミの駆除には、殺鼠剤と粘着剤があります。どちらも併用すると効果が上がりますが、多少時間がかかります。ネズミはとても警戒心が強い生き物なので、普段ないものがあると警戒するのです。

さらに、貯食と言って、住みかに餌を持ち帰り取っておく習性があるので、すぐに食いつくという事はまずないでしょう。

殺鼠剤の存在に慣れ、さらに貯食がなくなった頃に食いつく可能性があります。一度置いたらしばらくは放置しておきましょう。



ただし、食べてすぐに効果の現れるものは仲間のネズミが警戒してしまうので、遅効性の殺鼠剤がネズミの駆除には向いています。徐々に効くので仲間のネズミにも警戒心を与えず、気づかずに食べさせられ、一緒にいる仲間のネズミの駆除も可能です。


ネズミの駆除はしたいけれど、死骸は見たくないという方にお勧めです。このタイプは連続的に継続して食べさせることが大切なので、殺鼠剤がなくなったら、また追加しておきます。

そして、食べなくなるまで置き続けます。

食べなくなったということは駆除できたという事です。
どこに殺鼠剤を置くのが有効かというと、よく見かける場所、台所、糞がある場所、など1か所ではなく、複数個所に設置します。

口コミで評判のOKWave関する情報選びの耳よりな情報を公開しています。

天井で暴れている場合は運動場として使用している可能性が高いので、投げ込み式の物を使用し、貯食する習性を利用して持ち帰るタイプの殺鼠剤が良いです。



ネズミの食欲は秋から冬にかけて上がるのでその時期を狙って殺鼠剤を使用するのが良いでしょう。