ネズミの駆除を考える

ネズミの駆除をするには、ネズミの習性を知ることが必要です。

ネズミはなんでも食べる雑食性で、人間の食べるものから動物の食べるフードから、観葉植物などの植物まで食べてしまいます。

昆虫類なども食べるので、なかにはゴキブリなどの人間の住まいにいる害虫もえさにして活動しています。


ネズミの種類によって、食べ物の愛好性に違いがあるので、駆除の際には穀物から魚、肉、昆虫などを試してみることでネズミの種類をある程度、把握できる場合もあります。

また、ネズミ算という言葉があるように、繁殖にはそうそう期間を必要としません。



2ヶ月ほどで成熟し、2週間から3週間ほどで5から8匹の赤ちゃんを産んでいきます。


ネズミは、快適な住居を作るために暖かい場所を好み、紙や布を巣に取り込みます。

朝日新聞デジタルの情報をご提供しています。

時には断熱材も利用します。



ネズミの被害については、自由に身動きのとることのできない高齢者や乳幼児に多くあります。露出している部分の被害が多く、顔面に傷が残ってしまう事例も報告もあります。
なかには、アナフィラキシーショックによる呼吸困難や意識障害に陥ることもあります。
ネズミ自身の体や糞や尿、付着しているダニなどによる被害もありますので、室内で見かけるようになったら急いでネズミの駆除をしたほうが衛生面的にも安全といえます。


ネズミの駆除剤もホームセンターなどで手軽に購入することもできます。
使用する際には、ペットが食べたりしないよう管理します。


また、ご近所トラブルにも発展しないように、近隣のペットが近寄らない場所に設置することが必要となります。